岩井LOGOネイビー1.png

IoTが始まってきている


IoT(Internet of Things)の略で、


「モノのインターネット」という意味で使われています。





機械がインターネットと接続されることによって、


現在の稼働状況や生産性、メンテナンス履歴などが可視化され、現場の改善を促すことが可能になります。


機械と機械、機械と人をつなげるIoT技術は、これからのモノづくりには欠かせなくなるのではないかと考えられています。


岩井工機でも、一部の機械からですが、既に始まってきております。


まだまだ先の話だと思っていましたが、

ITの進化は凄まじい勢いでイノベーションが起こり、いろんなモノを巻き込んで浸透していいっています。


私達の仕事は、「職人の技術」も当然、欠かすことはできませんが、こういった最新技術にも何とかついていければと考えております。